告別式挨拶のサンプル

通常、告別式の挨拶は喪主が行います。通夜の挨拶と同様、故人の生前の様子や故人のメッセージを伝え、参列していただいた方々にお礼の気持ちを述べましょう。

●喪主の挨拶例1
「遺族を代表いたしまして、皆様にひとことご挨拶させていただきます。本日は、ご多忙中にも拘わらず、ご会葬、ご焼香を賜り誠にありがとうございました。お陰様をもちまして葬儀、告別式も滞りなく相すみ、これより出棺の運びとなりました。 皆様には、生前、ひとかたならぬご厚誼にあずかり、今ここに最後のお見送りまでいただきまして、故人もさぞかし皆様のご厚情を感謝いたしているここと存じます。 なお、残されました○○と○○に対しましても、今後とも亡き○○の生前と同様、ご指導、ご厚誼を賜りますよう心よりお願い申し上げまして、お礼のご挨拶とさせていただきます。」

●喪主の挨拶例2
「遺族を代表いたしまして、皆様にひとことご挨拶を申し上げます。 私は、故人○○の妻○○でございます。夫は○○歳でございまして、これから人生の華を迎えるという時期に、不運にも病に倒れ、短い一生を閉じることとなりました。 短い時間ではございましたが、私にとっては良き夫であり、子どもたちにとっては良き父親として家族とともに過ごしてくれました。これからの人生、○○との思い出を胸に残された家族で支え合っていきたいと思います。今後は故人の生前と同様、皆様のお力添えをいただければ幸いに存じます。 本日は、会社の皆様、ご友人の皆様、お忙しい中ご会葬をいただきまして本当にありがとうございました。」

●喪主の挨拶例3
「遺族を代表いたしまして、皆様にひとことご挨拶を申し上げます。私は、故人○○の長男○○でございます。 本日は、ご多用にもかかわらず、ご会葬ならびにご焼香を賜り誠にありがとうございました。 父は、生前、仕事中心の生活でございました。そのため、家族と一緒に過ごす時間は少なかったですが、私たちの誕生日には必ずプレゼントやメッセージを贈ってくれるような心の温かい人でした。また、私自身、社会人になりましてからは、仕事人としてのさりげない父からのアドバイスで、心強く励まされたこともありました。 家庭の外での父の様子は分かりませんでしたが、本日このように多くの方々が父とのお別れにお集まりいただきましたことで、父を少し理解できたような気がしております。 父に対して寄せられました皆さまのご厚情に、心より感謝申し上げます。今後とも父の生前同様にご厚誼をいただき、ご指導を賜りたく存じます。本日は、ありがとうございました。」

かわさき南部斎苑かわさき北部斎苑愛川聖苑
横浜市営斎場横浜市戸塚斎場横浜市南部斎場
横浜市北部斎場茅ヶ崎市斎場厚木市斎場
川崎市営斎場相模原市営斎場大和斎場
藤沢市斎場南多摩斎場
■ 東京都下の家族葬