葬儀の後の支払い

葬儀の後の支払い

お寺の僧侶に支払うお布施というものは一般的に“気持ちの額”と言われるだけで、とってもあいまいですよね。相場がどれくらいかがわかっていればそれで納得して支払えるものであったりするのに、悩むポイントのひとつのように思えます。そこでだいたいの目安というものをお話ししたいと思います。

葬儀のお布施としては、年収の5〜10%くらい、もしくは平均月収の1〜2ヶ月分といわれるようです。年収300万円の人であれば15〜30万円もしくは20〜40万円ほど。年収1000万円の人であれば50〜100万円もしくは70〜140万円といったところでしょうか。多いと感じますか?ふんふん、そのくらいか、と思いますか?

次に初七日や四十九日、百か日、新盆、年忌法要などいろいろ法要があるたびに僧侶を招かなければなりませんね。その場合のお布施はというと、年収の0.7〜1%、または平均月収の10分の1前後とのことですので、年収300万円の人であれば2〜3万円、年収1000万円の人であれば7〜10万円といった具合でしょう。

さらに、月忌(月命日)の読経、お盆の棚経、彼岸会などのお布施では、平均月収の1〜3%。つまり年収300万円の人であれば2000〜6000円、年収1000万円の人であれば7000〜21000円ほどが相場と言えそうです。

しかし、あくまでも一般的な相場としての算出なので、お寺と喪家との関係性や地域によっても変わってくるようです。信仰心によっても違いが出てくる問題のようなので、どうしても決めづらいという場合にはお寺に直接相談して良さそうです。

お布施で迷うのは額ばかりではありませんよね。渡し方やタイミングもどうもよく知らないのでとまどうといった方は多そうです。葬儀のお布施であれば、いまでは葬儀のあとに当日渡してしまうといったことも増えているようですがたいていは翌日に渡しに行きます。もともとは、葬儀の前に出向いて僧侶から戒名を貰うときと、通夜のあととに分けて払っている地域もあったようですが、現在は簡略化されて一括で渡す場合が多そうです。

渡し方はどうでしょうか。通常は白い無地の封筒に入れて表書きを“御布施”として包みます。白黒の水引の不祝儀袋を使うのは間違い。これではお寺にとって葬儀が不幸という意味合いになってしまいますのでよくありませんね。さらに、お布施であっても領収書をもらえることをご存知でしょうか。お布施というのは、相続税の控除対象となるので、きちんと領収書を発行してもらって保管しておくことが大切なのです。お布施を渡すときに「おしるしをお願いします」などと言えば発行してくれるようです。

任意売却 東京 任意売却 神奈川 任意売却 横浜市 任意売却 川崎市

不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資 不動産求人 町田

町田 不動産町田 ゴルフスクール

残業代 横浜市町田 ゴルフスクール

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。

町田 不動産町田 ゴルフスクール

Calendar